6月1日から営業再開します! 皆様、いかがお過ごしですか。 Tokyo Coffee Roastery Cafeの店長の金子です。   3回目の緊急事態宣言が発令され、Tokyo Coffee Roastery Cafeは休業要請に従い約4週間お休みさせていただきました。   お客様にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。     今回、緊急事態宣言の延長がありましたが、当店は本日から営業を再開させていただきたいと思います!   感染対策等もしっかりとっておりますので、安心してお越しください!   皆様にお会いできるのを楽しみにしています。   どうぞよろしくお願いいたします。

    100% Organic Cold Brew Coffee - この季節に最適のコールドブリューコーヒー新発売 Amazon限定ブランドの「ode by Tokyo Coffee」で新商品を販売開始致しました! お水を入れるだけで、簡単に美味しい水出しコーヒーが作れます。 本日Amazonタイムセールで20%OFFにて販売中です。 https://www.amazon.co.jp/dp/B094VF6QS6?ref=myi_title_dp   ぜひお試し下さい!             Hi everyone! It’s that time of year for COLD BREW coffee!!...

ここに来て、何故連続で取材や特集をされているのか分かりませんが、 嬉しい限りです。 また、当店の一番人気の「東京コーヒーブレンド」が 住まいと暮らしのメディア・「LIMIA」にて、「コーヒー豆のおすすめ30選。」として選ばれました〜。 お時間がある方は、30選のコーヒーをご覧くださーい。

雨が降ったり、寒かったり、暑かったり。。。関東は温暖さが大きいです。 雨が降るこの季節は、カフェで美味しいコーヒー・ラテが飲みたいですね。皆さんは、緊急事態宣言中はごお家カフェでどのようなドリンクを飲んでいますか?@tokyocoffeejp では、緊急事態宣言が解除され、カフェをオープン出来るのを楽しみにしています!#tokyocoffeejp#rainydays#tokyocoffee#coffee HP: https://tokyocoffee.jp/ IG: @tokyocoffeejp Google Maps: TOKYO COFFEE ROASTERY CAFE  

また、レコメンドサイトで紹介をいただきました〜! 嬉しい事です。 レコメンドサイト「EDIMO」の編集者よりお声がかかり、特集していただきました。 興味がある方は、記事をご覧ください〜。 本当に美味しいコーヒー豆おすすめ7選。自分好みの一杯を家でも楽しもう。 「EDIMO」とは。 今まで知らなかった実用性の高い便利アイテム、思わずときめいてしまうような素敵な生活雑貨、そして誰もが一度は体験してみたくなるココロ踊るサービス…。世の中は数多くの“ステキ”にあふれています。 「edimo」は今まで様々な雑誌の編集に携わってきた目利きの編集者(選りすぐリスト)が、実生活のなかで感動した商品やサービスを紹介していくレコメンドサイトです。 このエディターのメモ、略して「edimo」をチェックすればあなたの欲しいアイテムやサービスのカテゴリーの中から最良のものが見つかるかもしれません。さぁ、「edimo」を利用してステキなアイテム、サービスとの出会いを楽しみましょう。 https://edimo.jp/about

今月(2021年4月)、東京コーヒーの商品がスマログというサイトで掲載されました! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 Smartlog[スマートログ]は“Enjoy Men’s Life”をコンセプトとする男性向けメディアです。「自分磨きを楽しみ、同性も異性も惹きつけながら、誰よりも自由に、自信を持って生きる。」そんな人生を歩む男性を世の中に増やすことが、私たち(スマログ)の願いです。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 スマログさんに温かい紹介文をいただき、1番目に選べれてとっても嬉しいです! やはり、毎日コーヒー豆を焙煎すると大変だったりするけど、お客様やこの様に他社様のブログなどで特集していただき、評価されると本当にチャレンジされます! 興味のある方は、下記リンク先の記事をご覧ください。 https://smartlog.jp/135052      

ハリオのV60を使ったコーヒーの美味しい淹れ方を紹介します コーヒーのハンドドリップ一つでも、淹れ方は十人十色。むしろ、「十人百色」と言った方が良いかもしれません!当たり前だと思って何年も同じやり方をしている人もいれば、常に新しいセオリーを学び、違う淹れ方を試している人もいます。 その中でも、あまり知られていない淹れ方です(海外ではある程度似たようなスタイルの淹れ方は知られているみたいですが)。 この動画で紹介している淹れ方は、オーストラリアのバリスタのブルーイングコンテストで一位に輝いたバリスタの淹れ方です。オーストラリアの様に、コーヒーに対しての情熱と求められるクオリティーが高い国で、金賞を取るのは相当すごいことです。 伝統的なブルーイングとはかなり異なっていますが、とても良く研究をした結果生まれた淹れ方なのではないでしょうか。 使っているのは、ハリオV60とV60用の濾紙です。その他必要なものは:計量カップ、スプーンもしくはマドラー、そしてもしあればドリップケトル。 一気に(二回に分けて)お湯を注ぐことにより、雑味もなくなり、伝統的な淹れ方と比較して、お湯の温度も一定に保てるので、味の抽出が均等でスムーズでコクのある味わいになります。

昔からコーヒーの香りと味は凄い好きでした。しかし、残念なことに、コーヒーを飲むと軽い頭痛と吐き気がしました。こんなに味が好きで、香りが好きで、人とコーヒーを飲みながらゆっくりする空間も好きなのに!!。。。東京コーヒーのオリジンストーリー