【オーガニックコーヒー】Single Origin 東ティモール | 商品紹介

こんにちは!

今日は、まず短くフェアトレードについてお話しさせて頂きたいと思います。フェアトレードとは公正な貿易のことを指します。発展途上国での賃金は低く、そのような地域で栽培したものを先進国で高値で販売することによって、先進国の経済が潤います。しかし、これによって発展途上国の経済発達を妨げてします可能性があります。フェアトレードをとおして、生産国、主に発展途上国への賃上げや労働環境の整備を促し、発展途上国の生活向上を目指しています。私達の東ティモールのコーヒーはこのようなフェアトレードに焦点をあて、栽培市域の経済的活性化を支えています。

今日はそんな東ティモールコーヒーの魅力について紹介させて頂きます。


記事内コンテンツ

  • Single Origin 東ティモールの魅力
  • 東ティモールの特徴
  • このコーヒーのプロファイル
  • なぜオーガニック?
  • オーガニックだからこそ
  • 身体や環境への影響
  • オーガニックJAS認証について
  • 新鮮なコーヒー
  • 鮮度の大切さ
  • 工房直送け
  • Single Origin 東ティモールを使ってのドリンク
  • おいしい淹れ方
  • ハンドドリップ
  • このコーヒーに合うフード
  • フルーツタルト
  •  

    Single Origin East Timor | Deep Dive

    フェアトレード東ティモール

    コーヒー豆

    オーガニック Single Origin 東ティモール

     

     東ティモールは比較的小さな国で日本の関東地方よりも小さい国土を保有しています。しかし、その標高と気候はコーヒーの栽培に適しています。さらには、その土壌は有機栽培という面ではとても優れたものです。東ティモールは植民地化されていましたが、コーヒー産業は海外からあまり注目を浴びることがありませんでした。そのため、一度も化学的肥料や農薬を使ったことのない土壌でコーヒー豆を栽培していることができているのです。そうして自然と整えられたオーガニックな環境からのコーヒーは人の苦労と手間のかけられた一級品となっています。

    このような最適な地で育てられたコーヒーは甘味をつよく帯びていて、すっきりした後味があります。シティローストで浅めに焙煎しているので、フルーティーな酸味を味わうことができます。特に私達の提供している東ティモールはライムのような酸味がすっきりしていて、非日常なコーヒーをお楽しみ頂けます。

     

    Coffee Details
    Altitude
    1,300メートル
    コーヒー 産地 地球 coffee globe icon
    Region
    東ティモール、レテフォホ
    Process
    ウォッシュド

    コーヒーのプロファイル


    苦味:★★
    甘味:★★
    酸味:★★★★

     

    産地

    産地:東ティモール民主共和国、ハトゥガウ、レテフォホ、フンダ集落

    焙煎具合

    焙煎度合い:シティ 

    Tasting Notes:ライム、ナツメグ、バニラ

    ライム

     

    Organic Coffee Blend

    100%オーガニック

    コーヒー豆、環境、身体への影響

    コーヒーは栽培のプロセスにおいて、最も化学物質により汚染されている食品の一つだそうです。市販のコーヒーの栽培過程において、大量の化学肥料を用います(一般的には、合成石油系肥料)。人体に及ぼす影響に留まらず、土壌の破壊や水源の汚染等という環境に対してのインパクトが大きな懸念点として挙げられます。

    更に、多くの大手メーカーは保存料、調味料等の化学製品を利用しています。体への悪影響は間違いありません。私達は、お客様の健康のことを考え、また環境問題への取り組みを考え厳選したコーヒーを提供しています。私達はこのような方法を通してサステイナビリティ(持続性)という世界的問題にも貢献していきたいです。

     

    有機JAS認証の有機コーヒー豆

    有機JAS 認証は、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に適用されます。農薬や化学肥料などを使った生産方法による環境負荷について考えてみると、有機栽培の方が環境に良いことが一目瞭然です。

    有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを認証機関が検査し、その結果、認証された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。 この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付けることは法律で禁止されています。有機JASの認証は一年に一回、再審査することによって有機JAS認証の乱用を避けています。

    認証を受けた有機農産物の生産農家や加工食品の製造業 者は、生産・製造過程の記録等に基づいて自ら生産・製造し た食品を格付し、有機JASマークを貼付して市場に供給します。こうして有機JASマーク付きの商品を取り扱う企業は責任をもってお客様のもとへ有機商品を提供しています。

    以上のことから、オーガニックコーヒーは味だけではなく、体や環境への影響の観点からも最もベストな選択肢です。TOKYO COFFEEでは自信と誇りを持って100%JAS認証のオーガニックコーヒー豆をお客様にお届けしています。

    農林水産省有機食品検査認証制度https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html 参照。
    Freshly Roasted

    鮮度へのこだわり

    鮮度の大切さ

    焙煎したてのコーヒーは特有のナチュラルな甘みや酸味、苦味等を含んでいます。どんな食品でも同じですが、火を通して調理されたものは必ず劣化します。ましてや、長期間保存されているのであれば、元の旨味が薄れる事は必然的。コーヒーの本当の味、奥深い美味しさを賞味できるのは、焙煎後約6週間までです。

    新鮮なコーヒーと焙煎してから数週間経ったコーヒーの飲み比べをしてみてください。コーヒーのそこそこな風味と味わいはあるにも関わらず、明らかな味の差に気づくはずです。

    東京コーヒーは焙煎直後に商品を発送するので、美味しさいっぱいの状態でお飲みになれます!

    工房直送

    焙煎直後の新鮮なおいしいコーヒーを皆さまのもとにいち早く届けるために、2時までのご注文は、その日に焙煎したものを同日中に送っています。こうして、私達は焙煎してから24-48時間以内(お住まいの地域による。)に新鮮なコーヒーを届ける努力をしています。

     ハンドドリップ

    Recommended Brews

    おいしい飲み方

    ハンドドリップ

    浅煎りのコーヒーでは酸味が容易に抽出することができます。しかし、このコーヒーの酸味が苦手であったり、うまく抽出することができないと梅やレモンを食べたときのような口が乾くような酸味になってしまいます。なので、以下の方法で抽出し、酸味を楽しめるように淹れてみてください。

    • 1.新鮮なコーヒー豆をミルで中細挽にします。
    • 2.コーヒー豆をドリッパーにセットします。
    • 3.使うコーヒー豆に対して二倍のお湯を注ぎ、30秒蒸らしてください。
    • 4.残りのお湯を4回に分け、30秒ごとに注いでいきます。
    • 5.コーヒーが落ち切ったら完成です。

    例)コーヒー20g 使用したとき(豆:お湯=1:15の割合)

    一投目で40gのお湯、二投目からは65gを30秒おきにゆっくり注いでください。

     ひと手間かかる淹れかたになりますが、好みによってお湯の淹れる量、温度、比率も変えてみてください。このようにコーヒーは楽しみ方無限大なのでやめられませんね~

     フルーツタルト

    Food Pairing

    フードペアリング - Single Origin 東ティモールとご一緒に

    フルーツタルト

    東ティモールのコーヒーはライムのような酸味があるので、他のフルーツの酸味と自然な甘さを持ち合わせたフルーツタルトが合います。様々なフルーツが乗っているタルトとの組み合わせがオススメです。

     

    【オーガニックコーヒー】Single Origin 東ティモール | 商品紹介
    エチオピアのコーヒーはj上品な紅茶のような味わいであったり、シトラスやベリーなど様々なフルーツの風味を楽しむことができます。私達の仕入れているコーヒー豆はイルガチャフェという地区からのもので、レモンのような酸味であったり、華やかな香りのするものが多いです。

    フェアトレードについて端的に説明させていただきますと、開発発展途上国で作られた農作物や製品を適正な価格で継続的に取引することにより、生産者の生活を支える貿易のあり方です。フェアトレードは貧困課題の解決策の一つとして、世界中で広がっているムーブメントです。 開発発展途上国では、労働者が正当な賃金や対価が支払われることがなかったり、生産性を求め、環境への負荷が多い農作物の育て方をしていたりすることがあります。それに対し、フェアトレードでは、労働者に正当な賃金を払い、労働環境を整えていくことで、環境を含めた生産者の生活基準を向上させることを目指しています。

    今日は私達のビジネスパートナである ASAKARA GOOD STORE を紹介します!店名の由来は、1日の始まりがいつもより少し心が弾む素敵な時間を過ごせれば、きっとその日は良い1日。

    そんな時間を演出できるよう空間、お食事でおもてなしをしたいという想いが詰まっています。そんな僕らが掲げるコンセプト【WHOLESOME KITCHEN “食"を通じて、人と人、過去と未来、社会や環境との"健やかな繋がり"「WHOLESOME」が生まれる"場所"(KITCHEN)として、手間を惜しまず、心を通わせた料理とおもてなしで、自然と笑顔が溢れる、そんなひと時をご提供します。

    初めて滝山中央名店会に足を踏み入れた時に、感動しました。昔にタイムスリップしたかのような、暖かいノスタルジックな気持ちが込み上げてくる、そんな場所です。地元の人たちが、普段のお買い物で行き交う団地の中にあるコミュニティ。まさに、私達がValueを置いている『人との繋がり』を表すものがこの商店街に集約されています。
    デカフェのコーヒーは普通のコーヒーとどのように違うのか疑問に思ったことはありませんか。デカフェのコーヒーは健康にいい、悪いと様々な意見があります。それだけでなく、デカフェのコーヒーは普通のコーヒーよりも味が劣るという意見も... しかし、私達はそんなデカフェのネガティブなイメージを変えるために、おいしいデカフェコーヒーの商品開発に尽力してきました。私達の他の商品同様、オーガニックという点でも妥協せずに、最高のオーガニックデカフェコーヒーを販売しています。
     東ティモールは比較的小さな国で日本の関東地方よりも小さい国土を保有しています。しかし、その標高と気候はコーヒーの栽培に適しています。さらには、その土壌は有機栽培という面ではとても優れたものです。東ティモールは植民地化されていましたが、コーヒー産業は海外からあまり注目を浴びることがありませんでした。そのため、一度も化学的肥料や農薬を使ったことのない土壌でコーヒー豆を栽培していることができているのです。そうして自然と整えられたオーガニックな環境からのコーヒーは人の苦労と手間のかけられた一級品となっています。

    今日は有機JASについて見ていきたいと思います。

    有機JASの基準は二つにまとめることができます。「有機農産物にあっては、堆肥等で土作りを行い、化学合成肥料 及び農薬の不使用を基本として栽培」と「遺伝子組換え技術は使用禁止」です。