自家焙煎オーガニックコーヒーの定期購入 通販 : 東京珈琲 | 自家焙煎コーヒーの淹れかた
16702
post-template-default,single,single-post,postid-16702,single-format-standard,qode-quick-links-1.0,jck-wt-bridge,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,columns-4,qode-theme-ver-11.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.1.1,vc_responsive

自家焙煎コーヒーの淹れかた

 

ペーパードリップでの焙煎コーヒーの淹れかた

東京コーヒーのスタッフは、最近、エアロプレスやネルドリップ等を主に利用しているため、ペーパードリップを使った淹れかたが、不思議と新鮮に感じます。とはいえ、このビデオをブログで紹介したいと思った理由は、ペーパードリップを勧めるためではありません。Joe Bean Coffee Roastersのコーヒーに対しての情熱とコーヒーの焙煎だけではなく、淹れるプラセスへのこだわりがとても印象的です。水の種類や量、豆の計量や挽き方等、細部へのこだわりが見受けられます。本当に美味しいコーヒーを淹れるためには、一つ一つ極めていく必要がある事を教えられますね。

コーヒーの美味しい淹れ方の要点をまとめると:

  1. 計量器で挽く前の豆の重さを測る.
  2. グラインドの粗さも研究していく。
  3. お湯の温度も徹底する(Joe Beanのコーヒーショップでは93.33℃)
  4. 挽いた豆をフィルターに入れる前にお湯を注ぎ、フィルターを湿らせ、更にホルダーと容器の温度も上げておく。
  5. コーヒーポットやカラフェを計量器の上に置き正確な量を測る。
  6. タイマーを利用して、淹れる時間も統一
  7. 淹れ方としては、少量の水を注ぎ、30秒くらい放置、その後、真ん中から始め、泡加減を保つ様に注ぎ続ける。

ここまで、Coffee Brewing のプラセスを徹底して、全てを測りながらやるカフェには行った事がありません!「もっと適当で良いんじゃないのか!?」という意見もあるかとは思いますが、誰もが、このビデオで紹介されている淹れ方、そして美味しいコーヒーを追求する執念に学ぶところがあるのではないでしょうか。

東京コーヒーでもJoe Beanさんの様に、世界一美味しいコーヒーを焙煎し、更にそれを淹れる事が出来る様、その極意を追求していきたいと思います!応援の方、どうか、宜しくお願い致します。

No Comments

Post A Comment