皿の上のコーヒー

17 12月 自家焙煎コーヒーとの出会い

全世界の95%の焙煎されている(販売/消費されている)コーヒーは、100%古く、腐っていて、死んでいます。

昔からコーヒーの香りと味は凄い好きでした。しかし、残念なことに、コーヒーを飲むと軽い頭痛と吐き気がしました。こんなに味が好きで、香りが好きで、人とコーヒーを飲みながらゆっくりする空間も好きなのに!!。。。紅茶かホットココアを飲んでいました。

不思議と話せば話すほど私と同じ境遇の人に出会いました。

多くの人に、「あなたは、カフェインアレルギーなんだよ。」等と言われました。ただ、コーヒー以外で至る所でカフェインを摂取しているのに関わらず、具合が悪くなるのは珈琲を飲む時だけでした。だから、私はカフェインが原因だとは思った事がありませんでした。

そんな中、ある日、夜中に一人でリビングでSNSを通じて、本当にどうでも良い様なYoutubeの動画を見ていたら。。。ロン毛のおっさんが、Tedtalk Xで熱くコーヒーに関して語っているではないですか。“95 percent of the roasted coffee in the world is 100 percent old, stale and dead.”「全世界の95%の焙煎されている(販売/消費されている)コーヒーは、100%古く、腐っていて、死んでいます。」
これを聞いて驚愕しました。「え!?そんな事はないでしょ?言い過ぎなんじゃない。」と思いました。

ネット上で色々な情報が飛び交っています。21世紀では何が真実かを見定めるのは、容易ではありません。ただ、その日私の心の中で小さな希望が芽生え、珈琲に対してワクワクし始めました。そして、Tedtalk Xのスピーカーが言っていた事が本当なのか、自分で確かめるしかないと決心しました。

私は、嫁と兄達にこの話をして皆はコーヒー好きで、更に物好きなので、一緒に生豆を購入して焙煎するのを手伝ってくれました。私達は、全くの初心者の状態でフライパンでコーヒーの生豆を自家焙煎しました。そして、皆で焙煎したてのコーヒーを飲んだら。。。

誰もが驚愕しました。ユーチューブを参照しながら、右も左も分からない状態でキッチンで煎ったコーヒーがバカみたいに美味しかったのです!!!!あの時の、小さな喜びは一生忘れません。その日から私達は、コーヒー豆の自家焙煎を極める事と日本を始め全世界のコーヒー好きに、焙煎したてのコーヒーの美味しさをシェアする旅が始まりました。

Once you try our fresh roasted coffee, THERE IS NO GOING BACK!!
一度私達の自家焙煎したてのコーヒーを飲んだら、後戻りは出来ないですよ!

それ位自信があります。自分の舌と腕にも自信があるけど、何よりもTokyo Coffeeのモットーである
「新鮮な焙煎」を味わったら、舌と体と全身で分かります。

お寿司を握ってもらう時に、明らかに色が黒く、腐りかけたネタを使ったお寿司か真っ赤でプリプリしてその朝市場にに届き、市場からお店に送られた新鮮なお寿司、どっちが食べたいですか。

前者を食べたいと言う人間はいないと思います。「新鮮な焙煎」のコーヒー豆と「古く腐って死んだ」コーヒー豆はそれと同じです。天と地の程の差があります。

No Comments

Post A Comment

About Our Coffee Roasts

 

Because we believe in enjoying the original flavors and aromas of the coffee, we recommend that you try our lighter roasts. The darker the roast, the more burnt the beans become and consequently, you lose much of the distinct characteristic nuances of that bean or blend. After much research and experimentation, we have chosen the three roasts that we think will be the most enjoyable for you!

東京コーヒーの焙煎について

コーヒー豆には、原産地や品種により、特有のアロマ、味、酸味がそれぞれあります。ローストのプロセスの中で、長く焙煎する程、その特有の味やアロマが抜けていきます。その為、東京コーヒーでは「焦がさず」、旨味をベストの状態でキープする事の出来る様ローストしております。初めての方には、フルシティロースト(中煎り)がオススメです。東京コーヒーではフルシティローストを含め下記3種類の焙煎方法を準備しております。

  • Coffee Roasts

    Coffee Roasts

    Although we recommend grinding your own coffee, we do offer two grind options for you if you really want: Fine grind is suitable for aeropress, espresso, andanything using paper filters. Medium is recommended for french press and anything with a non-paper filter.

  • 豆の焙煎について

    豆の焙煎について

    浅煎り: 世界的なコーヒーブームの代表的なローストです。通はまずシティロースト!中煎り: フルシティは最もバランスの取れたローストです。甘みと酸味が残りつつ、まろやかに苦味が出始めた段階です。深煎り: フレンチローストは酸味が苦手な方にオススメです。

CLOSE
About Tokyo Coffee Roasts

 

Because we believe in enjoying the original flavors and aromas of the coffee, we truly value all that goes into the roasting process. The darker the roast, the more burnt the beans become and consequently, you lose much of the distinct characteristic nuances of that bean or blend. After much research and experimentation, we have chosen roasts that compliment each coffee/blend that we hope will be the most enjoyable for you!

東京コーヒーの自家焙煎:ローストについて

コーヒー豆には、原産地や品種により、特有のアロマ、味、酸味がそれぞれあります。ローストのプロセスの中で、長く焙煎する程、その特有の味やアロマが抜けていきます。その為、東京コーヒーでは「焦がさず」、旨味をベストの状態でキープする事の出来る様ローストしております。そのため、多くの豆やブレンドをシティロースト、フルシティローストで提供しています。試行錯誤と研究の結果、その豆、ブレンドに最もフィットするローストを選ばせて頂いています。

  • Coffee Roasts

    Coffee Roasts

    Most of our coffee is full city or city roast. All of our roasts types are suitable for any style from dripped coffee to espresso. Although traditionally, darker roasts have been preferred for espresso, lattes, cappuccinos, etc, we believe these drinks are even better with a more flavorful, lighter roast. Try for yourself and see!

  • 豆の焙煎について

    豆の焙煎について

    シティロースト: 世界的なコーヒーブームの代表的な浅煎り焙煎です。フルシティロースト: 最もバランスの取れた中煎り焙煎。甘みと酸味が残りつつ、苦味が出始めた段階です。東京コーヒーの商品はドリップコーヒーからエスプレッソまで、どんなコーヒーにでも合います。ぜひお試しください。

CLOSE
About Coffee Grinding

 

Because we believe in preserving the freshness and flavour of our coffee, we strongly recommend ordering unground coffee.  Your coffee will taste much better if you grind your beans right before you brew.

コーヒーは豆のままがお勧めです!

東京コーヒーでは鮮度と味を保つため、豆のままでのご購入をお勧めしております。挽いた状態での豆の保存は、空気に触れる面積が増え、時間と共に劣化してしまいます。コーヒーを淹れる直前に豆を挽く事により、最も美味しく、香り高い状態で味わえます。

  • Coffee Grinding

    Coffee Grinding

    Although we recommend grinding your own coffee, we do offer two grind options for you if you really want: Fine grind is suitable for aeropress, espresso, andanything using paper filters. Medium is recommended for french press and anything with a non-paper filter.

  • 豆の挽き方

    豆の挽き方

    ご希望であれば、東京コーヒーでは2種類の挽き方でコーヒー豆をご提供させて頂きます。細挽き:エアロプレス、エスプレッソ、ペーパードリップに適しています。中挽き:ステンレスフィルターやフレンチプレスに適しているグラインドです。

CLOSE