【オーガニックコーヒー】Tokyo Coffee Blend | 商品紹介

こんにちは!

最近サードウェーブという言葉を耳にしたことはありませんか?これは、浅煎りのコーヒーで豆の本質的味と酸味を楽しむというトレンドです。また、産地の特性が生きる、シングルオリジン(1つの国、1つの農園、1人の生産者、1つの苗木からのコーヒー豆)のコーヒーを嗜むという風潮です。しかしながら、本当においしいバランスの取れたコーヒーは厳選されたブレンドにより生まれると信じています。私達の一番人気のコーヒー、Tokyo Coffee Blendも熟考を重ねたうえで、皆さんに自信をもってオススメできるように仕上げました。また、私達は健康的、環境的利点を踏まえ、オーガニックコーヒーを提供しています。

今回は、私達がたどり着いた、最高のオーガニックブレンドコーヒーTokyo Coffee Blendの魅力について紹介させて頂きます。


 

Tokyo Coffee Blend | Deep Dive

オーガニックブレンドの魅力

オーガニックコーヒーブレンド

一番人気のオーガニックブレンド

Tokyo Coffee Blend 、通称TCBは私達の代表的オーガニックブレンドです。ペルー、ブラジル、東ティモール、インドネシアの4か国からのブレンドコーヒーとなっております。TCBは甘味と苦味のバランスが絶妙にとれているオーガニックブレンドです。

TCBで使われている、南米のコーヒーはナッツのような香りと風味があります。特に、世界一位のコーヒー産出国であるブラジルのコーヒーはこのナッツのような風味に加え、チョコレートのような甘さも含んでいます。TCBでは、ペルーのコーヒーがチョコレートのような甘味とナッツの芳香を引き立てます。

 南米のコーヒーの特徴である甘味とコクを楽しんだ後には、東ティモールのフルーティーな酸味、スマトラの力強いコクがバランスの取れた後味を残します。

 

Coffee Details
Altitude
1,200-1,900メートル
コーヒー 産地 地球 coffee globe icon
Region
4ヵ国
Process
ナチュラル、ウォッシュド

コーヒーのプロファイル


苦味:★★★
甘味:★★★★
酸味:★★★

 

産地

産地:ペルー、東ティモール、ブラジル、インドネシア(スマトラ)

焙煎具合

焙煎度合い:フルシティ 

Tasting Notes:ラックチェリー、 アーモンド、 ミルクチョコレート

アーモンドミルクチョコレート

 

Organic Coffee Blend

100%オーガニック

コーヒー豆、環境、身体への影響

コーヒーは栽培のプロセスにおいて、最も化学物質により汚染されている食品の一つだそうです。市販のコーヒーの栽培過程において、大量の化学肥料を用います(一般的には、合成石油系肥料)。人体に及ぼす影響に留まらず、土壌の破壊や水源の汚染等という環境に対してのインパクトが大きな懸念点として挙げられます。

更に、多くの大手メーカーは保存料、調味料等の化学製品を利用しています。体への悪影響は間違いありません。私達は、お客様の健康のことを考え、また環境問題への取り組みを考え厳選したコーヒーを提供しています。私達はこのような方法を通してサステイナビリティ(持続性)という世界的問題にも貢献していきたいです。

 

有機JAS認証の有機コーヒー豆

有機JAS 認証は、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に適用されます。農薬や化学肥料などを使った生産方法による環境負荷について考えてみると、有機栽培の方が環境に良いことが一目瞭然です。

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを認証機関が検査し、その結果、認証された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。 この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付けることは法律で禁止されています。有機JASの認証は一年に一回、再審査することによって有機JAS認証の乱用を避けています。

認証を受けた有機農産物の生産農家や加工食品の製造業 者は、生産・製造過程の記録等に基づいて自ら生産・製造し た食品を格付し、有機JASマークを貼付して市場に供給します。こうして有機JASマーク付きの商品を取り扱う企業は責任をもってお客様のもとへ有機商品を提供しています。

以上のことから、オーガニックコーヒーは味だけではなく、体や環境への影響の観点からも最もベストな選択肢です。TOKYO COFFEEでは自信と誇りを持って100%JAS認証のオーガニックコーヒー豆をお客様にお届けしています。

農林水産省有機食品検査認証制度https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html 参照。
Freshly Roasted

鮮度へのこだわり

鮮度の大切さ

焙煎したてのコーヒーは特有のナチュラルな甘みや酸味、苦味等を含んでいます。どんな食品でも同じですが、火を通して調理されたものは必ず劣化します。ましてや、長期間保存されているのであれば、元の旨味が薄れる事は必然的。コーヒーの本当の味、奥深い美味しさを賞味できるのは、焙煎後約6週間までです。

新鮮なコーヒーと焙煎してから数週間経ったコーヒーの飲み比べをしてみてください。コーヒーのそこそこな風味と味わいはあるにも関わらず、明らかな味の差に気づくはずです。

東京コーヒーは焙煎直後に商品を発送するので、美味しさいっぱいの状態でお飲みになれます!

工房直送

焙煎直後の新鮮なおいしいコーヒーを皆さまのもとにいち早く届けるために、2時までのご注文は、その日に焙煎したものを同日中に送っています。こうして、私達は焙煎してから24-48時間以内(お住まいの地域による。)に新鮮なコーヒーを届ける努力をしています。

 

Recommended Brews

おいしい飲み方

ハンドドリップ

ハンドドリップからのブラック

幾度となくもお伝えしていますが、、TCBはバランスがよくとれているブレンドコーヒーのため、ブラックで飲むのがおすすめです。おいしいハンドドリップの淹れ方の参考までにご覧ください!

オススメのコーヒー豆とお湯の量の割合は1:15-16です。20gのコーヒー豆に対して300mlまたは320mlのお湯で淹れてみてください。

カフェオレもおすすめ

 また、温めたミルクと合わせてカフェオレにするのもおすすめです。ミルクとコーヒーの割合は1:1です。150mlのホットミルクにお150mlのコーヒーといった感じです。甘さを足したいときは砂糖またはハチミツをお好み量入れて、甘さの調整をしてみてください。

番外編:エスプレッソにも

東京にあるTOKYO COFFEE ロースタリーカフェでは、ハンドドリップは勿論ですが、エスプレッソにもオーガニックブレンドを使用しています。何度もお伝えしていますが、このブレンドはバランスが取れてるため、エスプレッソそのままでもおいしくいただけます。お好みに合わせてお砂糖を足して、お楽しみください。

Food Pairing

フードペアリング - TCBとご一緒に

チーズケーキ

TCBに合うデザートはチーズケーキだと思います。少し酸味のあるようなレアチーズケーキとは相性が抜群です!甘さと酸味のあるチーズケーキを一口食べた後には、コクとまろやかさのあるTCBが幸福感をもたらします。私達のカフェでもおいしいチーズケーキを提供させていただいておりますので、ご来店の際は是非TCBのお供にご注文ください!

チーズケーキ

 

Tokyo Coffee Organic Coffee

タンザニアは東アフリカに位置する国です。周辺国にはコーヒーの生産で有名な、ケニア、ウガンダ、ブルンジ、ルワンダがあります。”キリマンジャロ”というコーヒーについて、また山について多くの方が聞いたことがあると思います。私達のキリマンジャロピーベリーコーヒーはこのキリマンジャロ山の麓で育てられたコーヒー豆です。「キリマ」はスワヒリ語で「山」。「ンジャロ」は「白い」という意味で、雪のかかった山を表します。

山麓の標高は1000mー1900mに広がってい、寒暖差があるためより豊かな風味をもったコーヒーが栽培されます。

 

グアテマラは中米に位置している国です。東はメキシコ、西はホンデュラス、エルサルバドルに陸続きしている国です。グアテマラのコーヒー生産量は世界10位です。巷を騒がせているグアテマラのエル・インヘルト農園は「カップ・オブ。エクセレンス」の常連でもあります。グアテマラの気候はコーヒーを育てるのに最適で、質の高いコーヒーが育ちます。また、グアテマラのコーヒーは国内でも育つ地域によって大きく異なります。グアテマラのコーヒーと言っても、シトラス、フローラル、ナッツ、チョコレートと様々な味の違いを農園毎に楽しむことができます。
今日はオーガニック食品の健康的利点を見ていきたいと思います。 まず第一に言えるのは、残留農薬による健康的リスクの軽減です。化学肥料や農薬が付着した食物を消費した場合、その量と種類によっては神経障害や発達障害の原因になりえます。オーガニックの食品を選択するということはこれらのリスクを可能な限り減らすということにつながります。 
なんと、インドネシアは世界で3番のコーヒー生産国であるのです。インドネシアのコーヒーは主にスマトラ島、スラウェシ島、ジャワ島で生産されています。私達のスマトラマンデリンは、スマトラ島北部に位置するアチェ特別自治州はコーヒーの栽培されています。この地域は標高が高く、大地の恵みを十分に受けている土地です。近代的機械を使っての収穫ではなく、丁寧な手作業での収穫が行われています。

ブラジルは南米で最も広い土地面積を所有している国であり、コーヒーの生産量が世界一の国です。世界最大規模の日系人口を有するブラジルでは質の高いコーヒーを生産しています。Sul de Minasのコーヒーはブラジル産のコーヒーの中でも、柑橘系の酸味と華やかなフローラルな味を特徴としています。私達のSingle Originブラジルもこのエリアからのコーヒーのため、南米特有のナッツ系の味とともにシトラスな味わいを楽しむことができます。

有機栽培とは、化学合成によって作られた肥料や農薬を使わないで栽培することを指します。

化学肥料や化学合成によって作られた農薬を使った栽培は、安定した供給をもたらしますが、身体的、環境的影響を及ぼすリスクがあります。

ペルーは南米の東海岸に位置する国で、鉱業で有名です。しかし、ペルーのコーヒー産出量は世界9位となっています。ペルーで生産されるコーヒー豆の7割はペルーの北部で生産されていると言われています。また、この地域のコーヒー農園はオーガニック栽培に力を入れているため、環境負荷軽減にも取り組んでい、サステイナブルな将来を築いていっています。私達のSingle Originのぺルーも北部からのものです。 ペルーのコーヒーは世界中で愛されています。その理由は、産地での手の凝ったコーヒー豆の栽培とウォッシュドプロセスにあります。この結果、甘味が強くほのかな酸味のあるクリアーな味わいとなっています。 

本当においしいバランスの取れたコーヒーは厳選されたブレンドにより生まれると信じています。私達の一番人気のコーヒー、Tokyo Coffee Blendも熟考を重ねたうえで、皆さんに自信をもってオススメできるように仕上げました。また、私達は健康的、環境的利点を踏まえ、オーガニックコーヒーを提供させていただいています。