フェアトレードについて端的に説明させていただきますと、開発発展途上国で作られた農作物や製品を適正な価格で継続的に取引することにより、生産者の生活を支える貿易のあり方です。フェアトレードは貧困課題の解決策の一つとして、世界中で広がっているムーブメントです。 開発発展途上国では、労働者が正当な賃金や対価が支払われることがなかったり、生産性を求め、環境への負荷が多い農作物の育て方をしていたりすることがあります。それに対し、フェアトレードでは、労働者に正当な賃金を払い、労働環境を整えていくことで、環境を含めた生産者の生活基準を向上させることを目指しています。

今日は有機JASについて見ていきたいと思います。

有機JASの基準は二つにまとめることができます。「有機農産物にあっては、堆肥等で土作りを行い、化学合成肥料 及び農薬の不使用を基本として栽培」と「遺伝子組換え技術は使用禁止」です。

今日はオーガニック食品の健康的利点を見ていきたいと思います。 まず第一に言えるのは、残留農薬による健康的リスクの軽減です。化学肥料や農薬が付着した食物を消費した場合、その量と種類によっては神経障害や発達障害の原因になりえます。オーガニックの食品を選択するということはこれらのリスクを可能な限り減らすということにつながります。 

有機栽培とは、化学合成によって作られた肥料や農薬を使わないで栽培することを指します。

化学肥料や化学合成によって作られた農薬を使った栽培は、安定した供給をもたらしますが、身体的、環境的影響を及ぼすリスクがあります。