WEST TOKYO BLEND | 東京のお土産コーヒー 商品はこちらより、ご覧ください: お土産 コーヒー「東京のお土産コーヒー」を作ってみま[email protected]_y 先生(日本一のデザイナー)に素敵なデザインをして頂きました〜  本当にありがとう御座いますすm(_ _)m 東京の人や地方に住んでる方にも、海外からの旅行者にも喜んでいただける味とデザインがコンセプトです。お土産にも、ギフトにも最適です。Our brand new Tokyo Coffee Souvenir Gift Set! #東京お土産 #お土産コーヒー #お土産 #コーヒーギフト #hiroisthebest #東京コーヒー #Tokyogift #tokyosouvenir #souvenircoffee #coffeegift #東京のお土産 A post shared by 東京コーヒー | Tokyo Coffee (@tokyocoffeejp) on Mar 3, 2017 at 4:13am PST...

コーヒーがやめられない | 東京コーヒー Instagram Photos朝の一杯、、、昼の一杯、、、夕方の一杯、、、そして夜の一杯 コーヒー飲みすぎ説! でも、やめられない。 #コーヒー #東京コーヒー#tokyocoffee #自家焙煎コーヒー #夜の一杯#昼の一杯#コーヒー飲みすぎ A post shared by 東京コーヒー | Tokyo Coffee (@tokyocoffeejp) on Mar 1, 2017 at 1:47am PST...

東京コーヒーでは コーヒー以外にも、日本で見つけた“いいな( ᐛ ) ”と思うような一枚を発信していけたらなと思っております。ぜひ、いいね!やシェアをお願いします!◡̈ @tokyocoffeejp loves Tokyo and all of Japan! We want to share with you the beauty of Japan and the coolness of Tokyo in pictures. Please like, share and check out our organic freshly roasted coffee too! #tokyocoffee #代々木公園 #花見 #新緑の季節...

ハリオのV60を使ったコーヒーの美味しい淹れ方を紹介します コーヒーのハンドドリップ一つでも、淹れ方は十人十色。むしろ、「十人百色」と言った方が良いかもしれません!当たり前だと思って何年も同じやり方をしている人もいれば、常に新しいセオリーを学び、違う淹れ方を試している人もいます。その中でも、あまり知られていない淹れ方です(海外ではある程度似たようなスタイルの淹れ方は知られているみたいですが)。この動画で紹介している淹れ方は、オーストラリアのバリスタのブルーイングコンテストで一位に輝いたバリスタの淹れ方です。オーストラリアの様に、コーヒーに対しての情熱と求められるクオリティーが高い国で、金賞を取るのは相当すごいことです。伝統的なブルーイングとはかなり異なっていますが、とても良く研究をした結果生まれた淹れ方なのではないでしょうか。使っているのは、ハリオV60とV60用の濾紙です。その他必要なものは:計量カップ、スプーンもしくはマドラー、そしてもしあればドリップケトル。一気に(二回に分けて)お湯を注ぐことにより、雑味もなくなり、伝統的な淹れ方と比較して、お湯の温度も一定に保てるので、味の抽出が均等でスムーズでコクのある味わいになります。...

[vc_row row_type="row" use_row_as_full_screen_section="yes" type="full_width" angled_section="no" text_align="left" background_image_as_pattern="without_pattern" side_padding="10% 10%" css_animation=""][vc_column][blockquote text="全世界の95%の焙煎されている(販売/消費されている)コーヒーは、100%古く、腐っていて、死んでいます。" show_quote_icon="yes"][/vc_column][/vc_row]昔からコーヒーの香りと味は凄い好きでした。しかし、残念なことに、コーヒーを飲むと軽い頭痛と吐き気がしました。こんなに味が好きで、香りが好きで、人とコーヒーを飲みながらゆっくりする空間も好きなのに!!。。。紅茶かホットココアを飲んでいました。不思議と話せば話すほど私と同じ境遇の人に出会いました。多くの人に、「あなたは、カフェインアレルギーなんだよ。」等と言われました。ただ、コーヒー以外で至る所でカフェインを摂取しているのに関わらず、具合が悪くなるのは珈琲を飲む時だけでした。だから、私はカフェインが原因だとは思った事がありませんでした。そんな中、ある日、夜中に一人でリビングでSNSを通じて、本当にどうでも良い様なYoutubeの動画を見ていたら。。。ロン毛のおっさんが、Tedtalk Xで熱くコーヒーに関して語っているではないですか。“95 percent of the roasted coffee in the world is 100 percent old, stale and dead.”「全世界の95%の焙煎されている(販売/消費されている)コーヒーは、100%古く、腐っていて、死んでいます。」 これを聞いて驚愕しました。「え!?そんな事はないでしょ?言い過ぎなんじゃない。」と思いました。ネット上で色々な情報が飛び交っています。21世紀では何が真実かを見定めるのは、容易ではありません。ただ、その日私の心の中で小さな希望が芽生え、珈琲に対してワクワクし始めました。そして、Tedtalk Xのスピーカーが言っていた事が本当なのか、自分で確かめるしかないと決心しました。私は、嫁と兄達にこの話をして皆はコーヒー好きで、更に物好きなので、一緒に生豆を購入して焙煎するのを手伝ってくれました。私達は、全くの初心者の状態でフライパンでコーヒーの生豆を自家焙煎しました。そして、皆で焙煎したてのコーヒーを飲んだら。。。誰もが驚愕しました。ユーチューブを参照しながら、右も左も分からない状態でキッチンで煎ったコーヒーがバカみたいに美味しかったのです!!!!あの時の、小さな喜びは一生忘れません。その日から私達は、コーヒー豆の自家焙煎を極める事と日本を始め全世界のコーヒー好きに、焙煎したてのコーヒーの美味しさをシェアする旅が始まりました。[vc_row row_type="row" use_row_as_full_screen_section="yes" type="full_width" angled_section="no" text_align="left" background_image_as_pattern="without_pattern" side_padding="10% 10%" css_animation=""][vc_column][blockquote text="Once you try our fresh roasted coffee,...